現在静岡と横浜にあるこども専門病院で活動中の「NPO法人シャイン・オン!キッズ」ですが、ご存知の方はまだ少ないようですので、ここでご紹介します。

NPO法人シャイン・オン!キッズは、現在2頭のファシリテイドッグ「ベイリー」と「ヨギ」が静岡と横浜の病院で「闘病中の子供たちを笑顔にするために」ハンドラーと一緒に遊んだり、食事の時そばにいたり、時には注射を嫌がる子供のそばだったり、手術前の子供に付き添ったりして、主に苦しい時の子供たちとその家族のために寄付金で活動している慈善団体です。    ⇒ http://sokids.org

ファシリテイドッグの「ベイリー」と「ヨギ」はハワイ生まれのハワイ育ち。マウイ島で訓練を受けて日本にやってきました。今では病院で子供たちだけでなく病院のスタッフにも大人気で、たくさんの癒しを与えてくれています。

ファシリテイドッグのハンドラーは現在2名、来年には3人目が誕生する予定です。

ハンドラーは看護師の資格を持ち、ファシリテイドッグハンドラーとしてハワイで訓練を受けたプロフェッショナルです。

ファシリテイドッグのハンドリングはもちろん、子供たちやご家族とのコミュニケーションや病院側とのコミュニケーションも取らなければならない、大変な仕事と言えます。

そこで8月から順次スタッフカウンセリングを実施しています。

皆さんにできるだけストレスから解放してもらい、日々の活動に専念していただければとの想いでサポートしています。