ハワイ大学医学部教授Dr.Machiが、母校である順天堂大学医学部とコンビを組んで「国際総合診断能力UPワークショップ」を立ち上げ、2016年2月28日(日)グラントウキョウサウスタワーにて「身体と心の治療ができるクリニックへ」とのタイトルでセミナーを開催しました。

【受講されたDrの声】

・コミュニケーションが必要なことは理解しているが、職場での人間関係と患者様側との人間関係、両方での課題について、より具体的なポイントを把握できてよかった。

・一口にコミュニケーションと言っても、様々な場面でその変化に対応していかなければならない。その応用性を身につけるにはコーチングとアサーションがなくてなならないものだと理解した。

・とてもよかった。ドクターのみならずあらゆる職種にこの内容は必要であるからまた研修も考えていきたい。